理想の家を紹介してくれる不動産会社を探すコツ

理想の家を手に入れるには、売主との仲介で間に入ってくれる不動産会社を探す必要があります。自身に合うステキな不動産会社を探すコツを紹介します。 不動産会社とは 不動産会社(ふどうさんがいしゃ)とは、主として不動産の売買、交換、賃貸、管理及び、売買・交換・賃貸の代理もしくは仲介を行う会社のことである。 そのうち、自ら開発、分譲を行うものはデベロッパーと呼ばれる。 出典: http://ja.wikipedia.org/wik… 出典: http://allabout.co.jp/ 不動産会社は、物件目利きのプロです。プロの料理人が食材の鮮度を見極めるのが得意なように、不動産会社も物件を見極めるプロです。理想の家を紹介してくれるパートナーを見つけましょう。 不動産会社と関わる機会は多い 戸建て・マンションでもそうですが、検討に検討を重ねて購入するケースがほとんどです。物件の内見・ローン相談など長期的な付き合いになることがほとんどです。物件の問い合わせに始まり、相談・内見・売買契約の締結、契約後の手続きなど多岐にわたります。 物件の取引形態を理解しよう 物件の取引形態には仲介と販売代理があります。 出典: http://www.sumai-dendo.jp/ 新築住宅でも中古住宅でもよくある売買の方法ですが、不動産会社が仲介に入り売買を行います。賃貸物件でも同様の仕組みで取引が行われます。 出典: http://www.sumai-dendo.jp/ 売主も買主も不動産会社のプロが入り、契約手続きをするケースがあります。この場合、プロとプロが契約をするのでもっとも効率的と言われています。 仲介の場合、金銭の授受や売買契約は売主と買主で行いますが、販売代理店を通した場合は、金銭の授受を売主と買主で行わずに代理店が全て管理します。こちらも安心できるパターンです。 物件選びは最初から最後まで不動産会社とやり取りをします。理想の家探しを親身に寄り添い向き合ってくれる会社(担当者)を探すのが良いでしょう。コツとしては、自身の理想を整理する。その上で地域密着型の不動産会社、多店舗展開をしている会社にするかを決める必要があります。ここだけ気をつけてあとは、親身になり相談に乗ってくれる会社を比較検討するのがおすすめです。 理想の家を紹介してくれる不動産会社を探すコツ パートナー・自身のライフスタイルを考慮して、利便性・快適性なども考えましょう。ネットで情報収集するのがベストではないでしょうか。また、現地の周辺状況や10年後の都市開発計画なども考慮しましょう。逆にこれを伝えてくれない不動産会社はあまりおすすめできません。 不動産会社選びのポイント 必ず不動産会社の免許証番号を確認しましょう。免許には建設大臣免許と都道府県知事免許の2種類があります。5年に一度更新があります。更新回数が多ければ長年、不動産業を営んでいるという証拠になるので安心できる材料となります。免許証番号の中に()内の数字が更新ごとに増えていきます。4の数字があれば20年近く不動産業を営んでいるということになります。物件情報は常に流動します。価格の変動なども常に起こります。頻繁に情報を送ってくれる不動産会社は、親切で情報感度が高いといえます。 まとめ いかがだったでしょうか。理想の家を紹介してくれる不動産会社を探すコツを紹介しました。売買の仕組みを理解することは、より良い生活を送ることにつながります。住宅は人生の大きなライフイベントです。ぜひ、納得いくまでじっくりと検討することをおすすめします。

新築マンション販売の仕組みを理解するために必要なこととは

新築マンション販売の仕組みを理解することは、よりよいマンション選びにつながります。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。 新築マンションはデベロッパーが全てを管理する 出典: http://picjumbo.com/ デベロッパーとは都市開発の基板設計に始まり、住宅の設計・建築・販売までを総合的に管理する立場にあります。土地の仕入れや万書建設の事業計画、マンションの販売なども管理します。 デベロッパーが総合管理、販売窓口が代理会社またはデベロッパー。建設・施工などをゼネコンが担当します。マンション管理は、専門の管理会社が行います。中にはデベロッパーと関連性がある会社が管理するケースもあります。 どういうデベロッパーが良いの? デベロッパーを選ぶコツは何よりも経営が安定しているかという点につきます。例えば、マンションには必ず修繕計画が入ります。建物も10年間したら劣化が進みます。そのため、10年・20年を節目に修繕計画が最初からあります。もし、デベロッパーが倒産すると管理会社を兼任しているケースもあるので、修繕されなくなるケースが発生します。大手の会社がデベロッパーをやっているケースが大半なので、ほとんど可能性はありませんが、知っておくに越したことはありません。 主要なデベロッパーを覚えよう マンション分譲・仲介・賃貸・管理・リフォーム等住まいのことなら大京グループ マンション分譲から仲介・管理・リフォームまで手がける大京グループの総合サイトです。私たちは、グループの力をあわせ、あらゆるライフステージに応える住まいとサービスを提供し、住文化の未来を創造していきます。 東京建物株式会社|信頼を未来へ 東京建物株式会社の公式サイトです。オフィスビル、Brilliaブランドの新築分譲マンションや戸建、高級賃貸、リゾート施設、商業施設、不動産ソリューション、IR情報、採用情報、グループ会社情報などをご紹介します。 野村不動産株式会社 | 住まい(プラウド)・法人向けサービス・資産運用に関する情報 この他にも三菱地所レジデンスや三井不動産レジデンシャル、住友不動産、東急不動産などが有名です。 タワーマンションってどうなの? 出典: http://www.31sumai.com/ タワーマンションに憧れる人は多いと思います。高さが50メートルを越えて階数も10階・20階は当たり前。夢の様な生活ですね。高層階に住むということは、ステータスの1つとしても活用できます。見晴らしも良く日当たりも最高。メリットが多いですが、タワーマンションは免震構造(地震発生時、倒壊しないように地震に合わせて揺れる設計)のため、強風でも建物が大きく揺れたり窓が開けられなかったりするケースもあります。高所恐怖症や揺れに敏感な人には向いていないケースもあります! まとめ 新築マンション販売の仕組みを理解するために必要なことは、マンションがどのような仕組みで販売されているのかを理解すること。総合的な管理をしているデベロッパーを理解しておくことも大切だと思います。住宅は人生に一度の大きな買い物です。知っておくに越したことはありません。ここで紹介した記事が参考になれば幸いです。

戸建てを買う前に理解しよう!不動産会社の役割

戸建てを買う前に理解しておきたいことが不動産会社の役割です。これを理解することにより、よりステキな物件を探すことができます。 不動産会社とは 出典: http://picjumbo.com/ 新しく住宅を購入しようとする場合、大半のケースがいずれかの不動産会社を利用することになります。不動産会社が窓口となるため、しっかりと信頼できる慎重な付き合いが必要となります。不動産会社以外にも司法書士の方とも付き合いがあります。不動産会社の役割を理解することが大切となってきます。 不動産会社がやることは、物件を購入する人との打ち合わせなどが主な業務となります。また、住宅メーカーなどから依頼を受け、住宅のプロモーションなども行うケースがあります。物件を所有しているオーナーとの直接売買ということも可能ですが、不動産会社を挟むことにより、より安心して取引ができるというメリットが大きいと思います。スーパーで例えると、みなさんが魚やお肉を買うのは近所のスーパーですよね。スーパーは商社やメーカーとプロの目線で取引して魚や肉を仕入れます。これと一緒で不動産会社のプロの目線で物件を選んでもらっているということにつながります。 不動産会社の選び方 出典: http://picjumbo.com/ 住宅を選ぶとき、最初に決めるのがどこの不動産会社と付き合うかです。会社によって取り扱っている物件数なども異なります。大きく分けて2つのタイプがあります。一人暮らしをしたことがある方なら分かると思いますが、他店舗展開をしてCMなどをたくさん流している大手不動産会社、地域密着型で少数の物件ながら地域の情報を知り尽くしている不動産会社。人によって好みは分かれますが、この2つが大きなパターンです。共にメリットがあります。大手不動産会社は、膨大な物件数を保有しています。逆に地域密着型の不動産会社は、物件数は少ないながらも地域情報に詳しいというメリットがあります。ニーズに見合った会社を選びましょう。 多店舗展開型と地域密着型のメリットとデメリット 多店舗型のメリットとして、対応が素早く広範囲で色々な物件を紹介してくれます。地域密着型のメリットとして、その地域の情報に詳しく掘り出し物があるケースがあります。 まとめ 戸建てを購入する際は、新築・中古に限らず不動産会社の性質や仕組みなどを理解する必要があります。売主との間に入って仲介してくれる不動産会社をじっくりと検討してみてはいかがでしょうか。物件選択の参考になれば幸いです。

マンション購入にかかる維持費を理解しよう!

マンション購入に伴う維持費は意外とかかります。ここでは、マンション維持費を理解するための情報を紹介します。 マンション購入にかかる維持費とは 出典: http://picjumbo.com/ マンションを購入すると必ずつきまとう維持費、主に管理費(ゴミ収集にかかる費用、共用部分の電気・水道・清掃費などです。)ごみ収集の値段が大きく上がったりしない限り、変動は少ないと考えて大丈夫です。そして、修繕積立金です。(マンションの販売促進のために最初は低く設定されているケースがあります。値上がりするケースも多分にあります)そして、固定資産税+駐車場代(車がある人だけ)が主なマンション維持費です。 マンションを買う時は総合的に考える。 物件の購入予算に見積もりに加えて維持費もトータルで考えることが大切です。上記で紹介した費用がかかってきますので、これも踏まえたライフプラン・資金計画・返済計画を立てることが大切です。 修繕積立金の変動を見通すには 出典: http://picjumbo.com/ マンションは、定期的な建物の改修やメンテンナンスが発生します。そのためできたばかりの新築マンションであったとしても、長期的なメンテナンス計画は作られているケースが大半です。通常、10年程度で大規模な修繕が予定されます。これは建物の構造を踏まえた上の一般的な基準です。20年を経過したぐらいに発生する大規模な修繕に関しては、予算が足りなくなるケースが発生しやすいです。これは修繕積立金の値上げ提案が合意できない事態が発生したりするためです。そのため、一時金を収めるケースなども少なくありません。 『マンション大規模修繕の費用はいくら必要?』、『大規模修繕費用概算を知りたい』という声をよくお聞きします。見積もりを業者に取るのは、業者選定の時でその前に大規模修繕に掛かる費用が足りているか、否かの判断が重要になります。 日経新聞の『修繕積立金(修繕引当金)』の相場について記載された内容です。 マンションの規模にもよりますが、国土交通相の指針によると月額積立金(引当金)の相場は、日経新聞にもありますとおり  約¥200-/㎡ とされています。70㎡の専有面積のマンションの場合の目安は¥14,000-ぐらいのように概略金額を算出することができます。 また、上記よりはるかに粗いのではありますが、延べ床面積より大規模修繕工事の費用を求めることができます。これは、30戸前後の小規模マンションの場合ですが、¥10,000-/㎡ です。 出典: http://mansion.tosomitumori… マンションの維持費に関するメリットとデメリット マンションの場合、管理費はかかるが共用部分のメンテナンスの手間が不要、建物の資産価値はマンションのが長いケースが大半というのがメリットです。逆にデメリットは、固定資産税が戸建てより高いケースがある、修繕積立金の値上げリスクがある。という点です。 まとめ いかがだったでしょうか。マンション購入に伴う維持費を理解するために必要な情報を紹介しました。ぜひ、マンション購入する際に参考にしていただければ幸いです。マンション購入には維持費も踏まえて予算を決めましょうね♪

これは大事!戸建てを買う時は固定資産税と修繕費を踏まえる

戸建てを買う時は固定資産税と修繕費を踏まえて計算しておくのがベストです。ここではその重要性を紹介します。 戸建てを買う時は固定資産税と修繕費も視野に入れる 出典: https://plus.google.com/ 戸建ても維持費がかかります。物件の住所などにもよりますが、物件価格が3000万円の場合、修繕費用と固定資産税をあわせて20年で400万円程度かかると想定できます。住宅ローンを組むときに継続的にかかる維持費用も組み込んでおくとよりベストです。 修繕費用 外壁や水道や屋根の塗装や階段など、修繕に関する費用がかかります。両親と暮らしている場合は、エレベーターなどの設置を検討するケースも発生します。10年に一度、修繕したとして100万円程度、20年で200万円の費用を見込んでおくと良いと思います。 固定資産税 固定資産税は立地で大きく変わってきます。これは住宅を決める時に分かるので、家の耐久年数を把握して貯蓄しておくことをおすすめします。 出典: http://picjumbo.com/ 戸建てはマンションと比べると管理費や修繕積立金などの強制出費がありません。しかし、上記で説明したように不動産を保有することによる税金や修繕にかかる費用が発生してきます。都心部以外でも土地の方が高いです。物件購入価格の60%〜70%程度に土地代が収まるように見ると良いです。 戸建てのメリットとデメリット 出典: https://plus.google.com/ 戸建ては、マンションの場合に必要な毎月の管理費や修繕積立金が不要、修繕積立金の値上がりなどを考慮しなくて良い点がメリットとして挙げられます。 逆にデメリットとして修繕費用が自己負担。土地価格が高い住所は固定資産税も上昇。 まとめ いかがだったでしょうか?戸建てを購入する場合は、固定資産税と修繕費を踏まえる必要がある理由を紹介しました。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

持ち家を買うときにかかる諸経費って実際なにがあるの?

物件を購入するのに必要な予算を計算したあとに気になる諸経費、5%〜10%ぐらいと言われているけど、どういう費用がかかるの? 諸経費ってなに? 出典: http://picjumbo.com/ 物件価格の5%〜10%の金額が必要と言われている諸経費。新築・中古・戸建て・マンションで必要となる経費は変わってきます。売買契約を結ぶための印紙税や土地・建物の登記にかかる登録免許税や士業の方に支払う費用、その他、もしもの時のために加入する団体信用生命保険量などの費用です。物件価格と比べると小さな金額だが、しっかりと内訳を確認して置きたいですね。 諸経費の内訳 すべて合計して物件価格の5%〜10%に抑えることがポイントです。下記の目安金額は物件の購入金額により変動します。 ・印紙税 1万〜2万円(土地や物件の売買契約書や金融機関に提出する書面に使用) ・登録免許税 9万〜15万円(土地や建物を登記する際などにかかる費用) ・固定資産税 5万〜10万円(土地や建物などを所有しているときにかかる税金。毎年課税されます) ・不動産取得税 3〜10万円(不動産を取得する際にかかる税金) ・司法書士の報酬 10万円程度(法律として司法書士が必要なワケではありません。司法書士は中立な立ち位置で売主と買主の契約をサポートできます。) ・融資手数料 ローン金額による(融資時にかかる手数料) ・ローン保証料 借入先によって異なる(ローンが返済不可能になった場合の保証料) ・火災保険料、団体信用生命保険料(借入金額により変動する)、引越し料金 諸経費は自己資金で用意しなければならないケースが多い 諸経費は現金で払うのが原則の考え方です。中にはローン保証料や団体信用生命保険料が無料のケースもあります。頭金の現金だけで精一杯という方は、色々なローンを比較検討してみてはいかがでしょうか。また、これらの諸経費用のローンを用意している金融機関も多数あるので、それも検討しましょう。 まとめ 出典: http://picjumbo.com/ いかがだったでしょうか。持ち家を買うときにかかる諸経費を紹介しました。不要な費用を少なくすることもできるので、遠慮せずに色々な方法を相談してみてはいかがでしょうか。この記事が参考になれば幸いです。

必ずやろう!持ち家を買う前に予算を確認することが大切

持ち家を買う前に自身のライフプランに沿った予算を確認することが大切です。ここで紹介した内容が参考になれば幸いです。 持ち家を買う前の予算ってどうやって把握すればいいの? 出典: http://picjumbo.com/ 持ち家を買うときに予算として考える点は「借入金(住宅ローン)」「自己資金」「家族からの援助金」です。これがメインとなってきます。これを把握せずに住宅の検討を始めるのは時間のムダです。自己資金+家族からの援助金で物件購入価格の30%程度を見ておくと、とても余裕のある住宅購入となります。残りの70%を住宅ローンでまかなうとかなり余裕を持って検討することができます。 無理のない返済プランを立てておかないと、後になって後悔することになります。自己資金は預金の全額でなく、余裕を持って1年分の生活費を差し引いた金額がベストです。パートナーの収支も確認して、いざという時の緊急の出費にも耐えることができるようにしておくのがベストです。頭金の他に物件購入時にかかる諸費用(物件価格の5%〜10%)も計算に入れましょう。ベストは子どもの教育費や継続的にかかる保険料・生活費も計算しておくとベストです♪ 住宅ローンと自己資金+援助金を足して、諸経費を差し引けば概算ですが、自身に見合った物件価格が理解できます。住宅ローンの支払い年数を減らしたい場合などは、購入価格を調整すれば計算できます。 住宅購入のシミュレーションってどうやるの? 出典: http://www.u-spec.com/ 住宅購入にかかる費用を理解しましょう。諸経費は仲介手数料がかかるケースが多いので、5%〜10%を目安に   出典: http://www.u-spec.com/ 住宅ローン(借入金)の返済額は、年収の20%〜30%が理想です。これ以上、返済に占める割合が高くなると教育費や貯蓄に回すお金がなくなってしまいます。 ・年収から毎月の返済可能額(年収の20%〜30%)を算出 ・住宅の維持費用を差し引いて正確な返済額を算出 ・上記を考慮して妥当な住宅ローンを算出します。(住宅ローンは0.5%〜3%程度が相場です。これも年収や職業などの諸条件により変動してきます。) ・最終的に自己資金を合算して総予算を算出することができます。(諸経費の追加を忘れずに!) 頭金を用意できない場合は? 出典: http://picjumbo.com/ 頭金を20%〜30%必要な理由として、住宅ローンの融資割合が住宅購入価格の8割程度としていることが大きく関係しています。頭金が少ないと条件が良い住宅ローンを組めなくなるケースが出てきます。住宅ローンで有名なフラット35の融資限度額が住宅購入価格の9割です。これを超えるとローンを組むこと自体が難しくなります。また、ローン比率が高いと金利も高くなるというのが一般的です。(それだけ、金融機関がリスクを取るためです。)自己資金が少ない場合は、家族からの援助金を増やしてもらうお願いをするのがベターです。(一般住宅であれば2500万円まで贈与税が非課税になります。これを伝えて税金対策というのもありですね♪) 返済能力が著しく高いと金融機関に判断された場合、全額住宅ローンでも購入が可能です。ただし、ほとんどないケースですので頭金は20%〜30%程度、用意するのが後々の返済もラクにすること間違いなしです。 まとめ 持ち家を買う前に予算を確認して、住宅購入価格の目安を知る方法を紹介しました。ここで紹介した内容が参考になれば幸いです。正しい知識を元に幸せな家族計画を作ってみてはいかがでしょうか。

賃貸利用しているなら理解しよう! 契約更新と引っ越しどっちがおトク?

賃貸利用しているなら契約更新と住み替え、どちらがおトクなのか理解しておいたほうが良いです。ここでは、契約更新と引っ越しの考え方を紹介します。 契約更新と引っ越しどっちがおトク 出典: http://picjumbo.com/ 契約更新と引っ越し、どちらがおトクなのかは一概に言えません。ここでは、ともにかかる費用と考え方を紹介します。最終的に自身の置かれている環境がもっとも影響してきます。それぞれのライフステージに合った選択をする必要があります。 引っ越し(住み替え)にかかる費用はどれくらい? 自身の年収やライフステージの変化に応じて、見合った家賃や広さの賃貸に引っ越しできるのは、賃貸暮らしの最も大きなメリットですよね。引っ越しをすると敷金や礼金などの初期費用と2ヶ月分の賃料、引越し費用・火災保険などで家賃の6ヶ月分程度の支出が見込まれます。仲介手数料も加えるともっと大きな費用が発生します。敷金があるとはいえ、退去時のクリーニング費用が発生するケースもあります。ここもしっかりと確認しましょう。 契約更新にかかる費用はどれくらい? 出典: http://picjumbo.com/ 契約更新にかかる費用は、多くの場合賃料の1ヶ月分です。(半月分であったり、再度火災保険の費用がかかるケースもあります。)更新にかかる費用はこれぐらいですね♪また、契約更新時に賃料の値下げ交渉も可能です。2年間の間に本来の相場より高くなっているケースもありますので、周辺相場を調査して交渉してみてはいかがでしょうか。何といっても交渉はタダですからね。 自身のライフステージを踏まえて判断する 賃貸暮らしでは住居選択の必要性が比較的に短いスパンでやってきます。契約期間が2年なら、2年ごとに「更新」と「住み替え」を検討しなければなりません。仮に自分は引越したくなくても契約満了が近づくと、不動産業者から更新するしないを問われます。住み替えするにしろ、更新するにしろ損はしたくないというのが心情でしょう。その損得はどうやって考えればよいのでしょうか。 出典: http://woman-money.nifty.co… まず、更新の場合で計算します。いまの家賃月額が10万円で、2年後の更新料が家賃の1か月分とした場合、2年間の総負担額は250万円。1ヶ月当たり10万4,166円の負担ということになりますね。 負担額を上げることなく住み替えをしたいなら、2年間の負担額を250万に収めるように家賃設計することが必要になります。2年分の家賃総額に加え、敷金・礼金・仲介手数料で家賃4か月分が必要だとした場合〔2年後の退去時に敷金1か月分が戻ると考えた場合〕、250万円で26か月分を払えるようにします。ここでは引越し費用は考えないことにしましょう。そうすると1か月分の家賃額は96,153円。それを超えると更新するよりも過大な費用負担が必要になります。ただし、仮にいまの負担額を少し超えるとしても、通勤にかかる交通費などが安くなるのなら住み替えの検討価値はあるでしょう。 出典: http://woman-money.nifty.co… まとめ 賃貸暮らしなら常に契約更新というのはつきまといます。自身のライフステージに合った方法を考えることが大切です。結婚や子どもが生まれることもあると思います。柔軟に引っ越しできるのも賃貸ならではのメリットです。ぜひ、メリットを最大限活かして人生をステキに送りましょうー

賃貸物件の家賃をスマートに安く押さえるコツ

支出の多くを占める住宅費。賃貸物件の家賃をスマートに安く押さえることができれば、ショッピングや遊びに使えるお金が増えます。ここでは、賃貸物件をスマートに安く押さえるコツを紹介します。 賃貸物件の家賃が決まる仕組み 家賃は物件がある地区の土地代による変動が大きいです。その他に賃貸物件紹介会社の仲介手数料、敷金・礼金・管理費などにより決定します。これを前提として理解しておく必要があります。 仲介手数料が決まる仕組み 出典: http://www.pakutaso.com/ 電話する男性 仲介手数料は法律で1ヶ月が上限と決められています。例えば、家賃10万のアパートなら10万円です。これを覚えておくと良いと思います。 仲介手数料は、大家さんが借り主を見つける手間を不動産会社に依頼する費用です。賃貸物件を探す手間を不動産会社の方が代行してくれるので、それに支払う費用と考えれば1番スッキリすると思います。 敷金・礼金って何? 敷金・保証金とは、退去後の原状回復の原資となるお金であり、礼金とは、部屋を紹介してくれた大家さんに謝礼として支払うお金で、合わせて家賃の1~4か月分はかかる。 出典: http://suumo.jp/chintai/nj_… 要するに敷金は、アパートに入居するにあたっての保証金。礼金は大家さんに感謝の気持を込め支払い謝礼金ですね。 賃貸物件の家賃をスマートに安く押さえるコツ 出典: http://www.pakutaso.com/ 笑顔のビジネスマン 賃貸物件の費用をスマートに安く押さえるコツとして、自身の収入に見合った賃料の物件を借りる。本当に必要な条件を理解する。各沿線相場などを把握しておく。 この3点が重要です。 礼金がない物件を探す。礼金は、大家さんに「部屋を貸してもらってありがとう」の意味。退去時には戻らないお金です。最近は「礼金1ヶ月」が主流。なかには「礼金ゼロ」もあります。「保証金方式」のところでも全体の金額が少ないものを選びましょう。 出典: http://chintai.mynavi.jp/co… 家賃をスマートに安く押さえるコツが紹介されているブログ 家を借りる前に知っておきたい。できるだけ初期費用を安くするコツとは? | 住まいと暮らしのヒント | 【マイナビ賃貸】住まいと暮らしのコラム 賃貸住宅を借りるとなると、賃料は安い物件を探したけれど、敷金・礼金、仲介手数料に引っ越し代もと…… 想像以上にお金がかかるもの。そこで、できる限り、初期費用をかけないで新生活を始めるコツを、“不動産・住生活”のプロに伺いました。 Q.賃貸住宅を借りる時の初期費用を抑えたいけどどうすればいい? ■礼金ゼロ、あるい 家賃抑える物件選び 最寄り駅・築年数で賢く妥協 :家計ブラッシュアップ :住宅・家計