戸建てを買う前に理解しよう!不動産会社の役割

戸建てを買う前に理解しておきたいことが不動産会社の役割です。これを理解することにより、よりステキな物件を探すことができます。

不動産会社とは

出典: http://picjumbo.com/

新しく住宅を購入しようとする場合、大半のケースがいずれかの不動産会社を利用することになります。不動産会社が窓口となるため、しっかりと信頼できる慎重な付き合いが必要となります。不動産会社以外にも司法書士の方とも付き合いがあります。不動産会社の役割を理解することが大切となってきます。

不動産会社がやることは、物件を購入する人との打ち合わせなどが主な業務となります。また、住宅メーカーなどから依頼を受け、住宅のプロモーションなども行うケースがあります。物件を所有しているオーナーとの直接売買ということも可能ですが、不動産会社を挟むことにより、より安心して取引ができるというメリットが大きいと思います。スーパーで例えると、みなさんが魚やお肉を買うのは近所のスーパーですよね。スーパーは商社やメーカーとプロの目線で取引して魚や肉を仕入れます。これと一緒で不動産会社のプロの目線で物件を選んでもらっているということにつながります。

不動産会社の選び方

出典: http://picjumbo.com/

住宅を選ぶとき、最初に決めるのがどこの不動産会社と付き合うかです。会社によって取り扱っている物件数なども異なります。大きく分けて2つのタイプがあります。一人暮らしをしたことがある方なら分かると思いますが、他店舗展開をしてCMなどをたくさん流している大手不動産会社、地域密着型で少数の物件ながら地域の情報を知り尽くしている不動産会社。人によって好みは分かれますが、この2つが大きなパターンです。共にメリットがあります。大手不動産会社は、膨大な物件数を保有しています。逆に地域密着型の不動産会社は、物件数は少ないながらも地域情報に詳しいというメリットがあります。ニーズに見合った会社を選びましょう。

多店舗展開型と地域密着型のメリットとデメリット

多店舗型のメリットとして、対応が素早く広範囲で色々な物件を紹介してくれます。地域密着型のメリットとして、その地域の情報に詳しく掘り出し物があるケースがあります。

まとめ

戸建てを購入する際は、新築・中古に限らず不動産会社の性質や仕組みなどを理解する必要があります。売主との間に入って仲介してくれる不動産会社をじっくりと検討してみてはいかがでしょうか。物件選択の参考になれば幸いです。

Related posts