デビットカードとクレジットカードの違いとは?

クレジットカードとデビットカード、聞いたことはありますか?違いがいまいちわからないという人のために、クレジットカードとデビットカードの違いを解説します。

最近、話題のデビットカード!

三菱東京UFJ銀行が「三菱東京UFJ-VISAデビット」を開始し、よく宣伝をしているので気になっている方も多いのではないでしょうか。

デビットカードは支払いが即時

デビットカードは、金融機関で発行されたキャッシュカードです。そして、銀行口座と直結し、銀行口座にあるお金を、カードで利用することが出来ます。決済をする時点で引き落としがされるのが特徴です。

【メリット】
使い過ぎの心配がありません。

【デメリット】
現在口座にお金がないと決済できません。

クレジットカードは支払いが即時ではありません

クレジットカードは、クレジットカード会社が支払いを一時的に代行してくれる仕組みです。利用者は、後日、定められた期日までにクレジットカード会社にお金を支払うことで、決済時点でお金を持っていなくても買い物や料金の支払いをすることができます。

【メリット】
支払い日までに入金すればよい。

【デメリット】
使い過ぎの心配があります。

インターネットの普及で、ネット通販や様々なサービスの支払いにクレジットカードが用いられるようになってきました。これまで、クレジットカードを持っていないと利用できなかったサービスは、もちろんデビットカードでも利用することができます。

デビットカードは審査なし、クレジットカードは審査あり

デビットカードは、デビットカードを発行している会社の銀行口座を持っていればすぐに発行することが出来ます。クレジットカードは、審査があり、すぐに発行出来ませんし、自分の信用情報(お金をきちんと返せるかどうかについての情報)次第で、発行が断られる場合があります。

また、世界ではクレジットカードを凌ぐ人気といわれています。

日本ではクレジットカードが主流ですが、世界では即時支払のデビットカードが人気なのです。

若い人のカードデビューもデビットカードの場合が多いようです。

まとめ

デビットカードをオススメするような内容になってしまいましたが、クレジットカードと比較して、どちらを作るのか決めるのがよいですね。

Related posts