クルマのローンとリース、いったいどっちがおトクなの?

クルマのリースって何?

カーリースは、お客様の乗りたい新車をリース会社(オリックス自動車)が代わりに購入し、お客様に貸し出す仕組みです。 クルマの所有者はリース会社となりますので、所有者の義務となる各種税金の納付などはリース会社が行います。 お客様は「使用者」として月々のリース料を支払うことで、一定期間(リース契約期間は数年といった長期間)、自分のクルマのように占有して乗ることができます。 オリックス自動車には、リース終了後にクルマを自分のものにできるリースプラン「いまのりセブン」、「いまのりナイン」もあり、個人のお客様に人気です。

出典: http://www.carlease-online….

出典: http://www.carlease-online.jp/

カーリースは、ディラーを介して消費者にクルマを納車して、リース会社と契約・料金の支払いをする仕組みです。

ローンとリース、いったいどっちがおトクなの?

リースといえば、借りるものなので自由がきかないというイメージもありますが、「レンタカー」「カーシェアリング」とは異なり、設定されている車種からグレード、オプションを自由に選択できます。そのため、購入するときと同じように「自分の車」に仕上げることができるのです。契約までの流れも、特別難しいことはほとんどありません。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc…

ローンとリースの一番の違いは、所有者となれるかどうかということです。ローンの場合は支払いが終わればクルマは自分の「持ち物」になりますが、リースは自分の好みにカスタマイズできるとはいっても、あくまで「借り物」。契約が満了しても自分の物にはなりません。 ローンにするかリースにするか。ポイントになるのは、「1. 頭金」「2. 支払額」「乗り換え」の3つのキーワードでしょう。この3つが、ローン、リースを選択する大きな目安になります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc…

頭金を一度にたくさん払うことができれば、長期的に金利が低くなります。ゆえにリースよりおトクとなります。逆に長期のローンを組むと金利が高くなり支払う額が多くなります。頭金をたくさん払えれば断然、ローンでクルマを購入した方が安くなります。様々なリース会社があるのでじっくり見てみることをおすすめします。

カーリースを比較しよう♫

リースの注意点

リース契約には「走行距離制限」が設定されている場合があります。毎月の走行距離を契約時に設定し、契約満了時に設定距離を上回っていると、1kmあたり3円から10円程度で清算しなければならないことも。自分がどの程度走るのか事前に考えなくてはいけないのです。「選んだクルマが自分をドライブ好きに変えた……」などという人は、思わぬ出費に気をつける必要があります。 さらに、リース契約は基本的に中途解約できません。乗り換えのタイミングはあくまでも契約満了時。「憧れの2人乗りのスポーツカーをリース契約して乗っていたのだが、結婚して子どもができたので使い物にならない」といったケースや、「事故を起こしてしまい、車は治ったが縁起が悪いから乗り換えたい」など、自分の都合で中途解約してしまうと、「中途解約金」や「違約金」が発生。思わぬ出費で大きな痛手を負う可能性があります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc…

まとめ

クルマのローンとリース、いったいどっちがおトクなの? という答えは人それぞれの考えや置かれている状況により異なります。それぞれの違いやトータルコストを計算してよりよい方を選ぶことが一番の正解だと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

Related posts