医療・福祉に関する資格まとめ

医療・福祉に関する資格まとめのサムネイル

医療・福祉に関する資格を紹介します。医療・福祉関係の仕事を目指す方に活用いただければ幸いです。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、働く人たちの心の不調の未然防止と活力ある職場づくりをめざして、職場内での役割に応じて必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得していただくものです。 職場のメンタルヘルス対策を効果的に進めるためには、事業者が継続的かつ計画的に推進することとともに、その関係者である人事労務管理スタッフ、管理職、一般社員が自らの役割を認識し、メンタルヘルスに関する正しい知識を持つことが重要です。 メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、働く人たちのメンタルヘルス不調を未然に防ぐために、産業保健の視点だけでなく人事労務管理の視点から基本的かつ最新の知識を提供するように構成されています。

出典: http://www.mental-health.ne...

JAA 認定アロマコーディネーター認定試験

アロマに関する正確な知識を備え、アロマを安全に生活に取り入れることができる方であることを示すライセンスです

出典: http://www.jaa-aroma.or.jp/...

手話技能検定試験

手話技能検定試験は、特定非営利活動法人(NPO法人)手話技能検定協会が毎年3回実施している手話の技能の検定試験である。 検定試験は1級、準1級、2級、準2級、3級~7級までの9段階がある。 1級と2級は手話の実技試験である。 準1級、準2級、3級~7級は筆記試験で、試験結果の80点以上で合格。

出典: http://ja.wikipedia.org/wik...

ハーブ検定

毎日の生活の中でハーブを自分自身で楽しんだり、 家族や周囲の人に楽しんでもらったり、 からだや心をリフレッシュしたり、 健康を維持するために用いるハーブの知識を試す検定です。 日々の暮らしの中での使いこなしを目標としているので、 フレッシュ・ドライ共に実際のハーブが認知できるかどうかも、検定では問われます。 ハーブに興味がある方、これから学んでいきたい方、 既に使いこなしている方、 癒しや活力を求めている方、 植物や自然が好きな方、そんな方たちにチャレンジしていただきたい検定です。 ハーブ検定2級と1級の両方に合格した後にハーブセラピスト養成上級講座を受講し、ハーブセラピスト認定試験に合格するとハーブセラピストとして活躍できます。

出典: http://www.herbtherapist.jp/

アロマテラピー検定

アロマテラピーを自分自身で楽しんだり、家族、周囲の人に楽しんでもらったり、健康維持のために用いたいと考える人が増えています。しかしアロマテラピーを正しく、安全に楽しむためには、適切な知識が必要です。こうしたアロマテラピーに関する幅広い知識を身につけているかを問うのが、「アロマテラピー検定」です。 アロマテラピー検定は、2級と1級があり、毎年5月と11月に、全国各地(34都市)の会場で実施されています。年齢・経験等の制限はなく、どなたでも、1級からでも受験可能です。

出典: http://www.aromakankyo.or.j...

福祉事務管理技能検定試験

福祉事務管理技能検定試験とは 社会保障制度全般の知識を有し、介護保険制度と介護報酬請求事務の能力をもつ人材は、 医療機関及び社会福祉施設から望まれています。 そこで、当協議会では新たに「福祉事務管理技能検定試験」を平成13年に創設いたしました。 受験対象者は医療秘書関連学科及び福祉関連技能職養成学科の学生、並びに医療機関及び福祉関係施設の実務者を対象とし、一般も受験可能です。

出典: http://www.medical-secretar...

福祉住環境コーディネーター検定試験

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者に対し、できるだけ自立しいきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的に幅広い知識を身に付け、各種の専門家と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。

出典: http://www.kentei.org/fukus...

医療環境管理士

医療環境管理士は、「医療現場で必要な感染予防対策」の知識・スキルを問う検定試験です。 昨今、新型インフルエンザ、高齢化、耐性菌の増加などでリスクが高まっており、感染管理の体制作りや職員に対しての教育活動などが重要になります。資格取得の勉強によるスキルアップや、資格の肩書きを得ることで、他のスタッフから専門家と見られます。 医療環境管理士は、専門性の異なる職業・年齢・役職・施設規模など、様々な医療関係者で構成されています。 医療環境管理士に期待される役割は、多職種・他施設の現状・取り組みを参考にし、様々な視点から医療現場を支援することです。

出典: http://www.iryo-kentei.jp/a...

医療秘書技能検定試験

医療秘書技能検定(いりょうひしょぎのうけんてい)は、日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験である。 医療機関の組織運営に関することから、医学的知識、レセプト作成といった総合的な能力を測る点で、医療事務系の検定の中では特筆すべきことである。 主催者は医療秘書教育全国協議会で、この団体には2012年現在184の専門学校・各種学校並びに短期大学が加盟している。 ハローワークの医療事務の求人欄に採用条件としてこの資格取得を挙げる医療機関も存在する。

出典: http://ja.wikipedia.org/wik...

医事コンピュータ技能検定試験

医事コンピュータ技能検定試験は、平成8年度にスタートし、年間6,000名以上が受験する、全国唯一の検定試験です。医療機関のIT化が進み、各部門でコンピュータが活用され、コンピュータがなければ、現在の医療活動はなりたちません。もちろん医療事務部門でもコンピュータは大活躍です。診療報酬請求事務(レセプト)のコンピュータ化は、全医療機関に普及し、レセプトのオンライン請求が進められています。したがって、 そこに従事する者にとってコンピュータ技能は必須の技能といえます。本検定は現在準1級・2・3級が実施されており、2級以上に合格することにより、医師事務作業補助技能認定の一つの条件を満すことになります。ここでは医事コンピュータによるレセプト作成能力と医療事務、コンピュータの知識が問われています。一般も受験可能ですが、受験会場のソフトに対応することが必要です。

出典: http://www.medical-secretar...

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験は、診療報酬請求事務に従事する者の資質の向上を図るため、公益財団法人日本医療保険事務協会が実施する 全国一斉統一試験です。

出典: http://www.shaho.co.jp/iryo...

認知症ライフパートナー検定試験

認知症ライフパートナーとは、認知症の人に対して、これまでの生活体験や生き方、価値観を尊重し、日常生活をその人らしく暮らして行けるように、本人や家族に寄り添い、サポートできる人です。 言葉によるコミュニケーションが充分機能しない認知症の人にとって、その意味を理解し、納得して、ものごとにあたることは困難なため、傾聴技術や回想法をつかい、その人が好む音楽や園芸などといったアクティビティの活用が大きな役割を担います。

出典: http://www.jadecc.jp/license/

まとめ

いかがだったでしょうか。医療・福祉関連の資格を紹介しました。ぜひ、ご活用いただければ幸いです。

スポンサーリンク

カテゴリ一覧

内容について連絡する

smany編集部

smany編集部

smanyの編集部です。お金をもっとスマートに使う情報を紹介しています。

【生活・地域情報】アクセスランキング

今、人気の生活・地域情報まとめランキング

おすすめのまとめ

いまsmanyで注目のまとめ

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

話題のキーワード

いまsmanyで話題になっているキーワード

» キーワード一覧